今年も熱く語りました!TBDC2018「たらぎビジネスデザインキャンプ2018」レポート

今年も熱く語りました!TBDC2018「たらぎビジネスデザインキャンプ2018」レポート

みんなの町とこれからと楽しく考える3DAYS 2018年11月2日(金)3日(土)4日(日)の3日間に第2回『…

みんなの町とこれからと楽しく考える3DAYS

2018年11月2日(金)3日(土)4日(日)の3日間に第2回『TBDCたらぎビジネスデザインキャンプ 2018』が開催されました。
今年のテーマは「みんなのまちとこれからと楽しく考える」。
町のことやビジネスのことに関心の有る方々で集まって今回も熱く語り合いました。その模様をレポートします!

TBDCとは?

TBDC(たらぎビジネスデザインキャンプ)とは「ビジネス」「暮らし」「町づくり」を考える多良木町内外の人たちが妙見野に集い、楽しいイベントを通して交流し、意見を聞いたり、アイデアを出し合う参加型のイベントです。
2017年は、ビジネスの一線で活躍する9名の「賢者たち」を県外から招き、町なか・野山を散策。『よそ者』ならではの視点で多良木の資産を活用したビジネスアイデアをそれぞれに提案して頂きました。
そして2018年は、多良木をよく知る老若男女が「町の賢者」として2泊3日のキャンプに集い、ビジネスアイデアを創出することで、これからも多良木で生きる自分たちの将来を考える企画となりました。

EVENT1 雲海ヨガで頭も体もすっきりスタート!

まずは朝から頭と身体をすっきりさせて、1日のスタートを切りましょう!ということで、2017年も好評だった早朝ヨガが行われました。インストラクターAtsukoさんによる約20分間のヨガでみなさんマインドセット!

今回は残念ながら雲海は出現してくれませんでしたが、その代わり眼下に美しい人吉球磨の田園風景が広がります。見渡す限りの美しい風景にリラックス〜。とても気持ちの良い朝となりました。みなさん、すっかり精神統一完了。頭も身体もぽっかぽかとなり、今日も良いアイデアが出そうです。それでは今日も良い一日をスタートさせましょう!

ヨガの後は、、、早速ワークショップ!の前に腹ごしらえ。

さて、心も身体もやる気満々になったあとは、さっそくメインイベントとなる「考えよう町のことワークショップ」の前に、、、、そうです。朝食なのです!「腹が減ってはワークショップは出来ぬ」ということで、みなさん共同で朝食を作って頂きました。

2018年は地元の農家さんや町民の方々から沢山の野菜やお肉、お酒の持ち寄りがあって、前回にも増して内容パワーアップ!多良木ならではのおいしいご飯ができあがりました。

気になる食材のご紹介です。まずは、日本一にも輝いた実績のある槻木の落合たつみさんのしいたけ、通称「たぁ坊の生しいたけ」。こちらは地元のお肉と合わせて贅沢にもハンバーガーにしてみました。


そして今年の目玉はなんと言っても米たらぎを初めとする、九州のお米食味コンクールで 第一位に輝いた多良木のお米です!!本当においしいお米で、あっという間に釜は空っぽになりましたw。

そして地元の方々から頂いた無農薬野菜を、これまた多良木発の新商品である、おいしい「生やさいドレッシング」で頂きます!ブロッコリー、たまねぎ、ニンジンといくつもの味が楽しめる万能ドレッシングです。

さて、朝から必要以上に?満腹となり、そろそろメインイベントワークショップに移ります!

EVENT2 考えよう 町のこと ワークショップで議論白熱!?

メインイベントとなる「考えよう町のことワークショップ」。これはビジネスキャンプの参加者同士が、3日間、日替わりのテーマに基づいてビジネスや暮らし、町づくりについて話し合う交流ワークショップです。全4回に分けて、町づくりやビジネスの創設に役立つモノの考え方や考察を行うワークショップを行いました。
それぞれワークショップのテーマは、
『感じる』『俯瞰する』『繋げる』『表現する』
2017年に引き続き唐川 靖弘氏ファシリテーションの元、皆楽しく、そして真剣に町の将来に関して議論を行い、今年も魅力的でとても愉快なビジネスの種が複数生まれました。

ファシリテーター唐川氏の司会のもと、集まったみなさんでチームをつくり、それぞれ町に必要な新しい視点で物事を考えます。話し合いはわきあいあいと、時には白熱し、活発に行われました。

美しい多良木の町を一望できるロケーションの中、連日アイデアを出し合う参加者。
アウトドアアクティビティであったり、地元の特産品の新しい販売方法であったり、、、、すばらしい視点のアイデアが出まくり!陽が暮れるまで議論は白熱!実に多くのビジネスアイデアの種が生まれました!みなさんお疲れ様でした。

 

EVENT3 chocottoマルシェ 妙見スタイルコラボ

今年のイベントの目玉のひとつ。多良木町石蔵で定期開催されている人気のイベント「chocottoマルシェ」とのコラボレーションです。コーヒーや軽食、雑貨販売、ネイルアート体験などが行われました。みなさん楽しみながら参加されていました。地元でも大人気のマルシェでキャンプイベントにも賑わいが広がりました。

EVENT4 Kibidango代表 松崎 良太氏 TALK

2日目の夜には、クラウドファンディングを運営するKibidango社の代表松崎良太氏によるトークイベントが開催されました。日進月歩のクラウドファンディングの最前線の話を中心に、新しい町づくりとビジネスについて、世界や日本の最新の事例を松崎氏独自の視点できりとりながらアイデアのもととなる考え方を紹介しました。
この日は丁度寒さが増してきて、急遽テントの中に集まって、ぎゅーぎゅー詰めの中スライドを使った事例紹介が始まりました。みなさん初めて見る世界の事例に興味津々。より自らのビジネスの広げ方をイメージできたようでした。

EVENT5 星空の妙見ナイト もちよりバーベキュー!

知恵を出し尽くしたあとは、、、夜のお楽しみ。火を囲みながらのもちよりバーベキューが始まります。皆さんご家庭自慢の1品を持ち寄りバーベキューを楽しむ会です。予想を上回る野菜、お肉、お酒などの食材が集まりました。秋の夜空の星の下で、たき火を囲みながらそれぞれの町への思いを語り合うことができました。

地元で採れた農産物。猪・鹿と地の酒を合わせて、ワイルド且つ濃厚な味わいの食事会となりました。地元球磨焼酎を使った新商品TARAGI BLUE(たらぎブルー)の試飲も行われ大いに盛り上がりました。

熊本で活躍する農家ハンターの皆さんご提供の猪肉ブロックは鮮度が高く、まったく臭みの無い絶品肉!そしてさらにさらに、地元の農家さんからは鹿肉の燻製、ブルーベリージャムなど自慢の一品が次々とテーブルに並びました。

今年はKIDSも活躍。TBDC with KIDS

TBDCたらぎビジネスキャンプ2018は家族で参加できる楽しいイベントにしたい!開催当初からの思いを今回さらにパワーアップさせ、地元協議会の力を得て、KIDSスペースも併設しました。

親たちがワークショップで町のことを考えている間に、KIDSスペースでは子供ワークショップも行われました。自然体験や、ツリーハウス見学、地元農家さん訪問など地元の探索ツアーも開催。子供達も充実した体験を得ることができました。

 

最終日はワークショップの集大成 アイデア発表!

ワークショップの最後のテーマは『表現する』でした。そこではチームごとに自分たちが話し合ったビジネス、町づくりについての発表が行われました。2017年に引き続き、TBDC2018でも多くのビジネスアイデアが生まれ、さっそく実現に向けて現在複数進行中です。
そして昨年に引き続き活躍してくれた多良木の地元メンバーに加え、昨年開催の際には「初めまして!」だった面々も加わり今年は地元実行部隊が大幅にパワーアップ!

力強いメンバー達が引き続き多良木の町を盛り上げていきます!

 

今年もみなさまありがとうございました!とても充実した3日間でした。

おわり。

 

 

TBDC 開催概要

TBDCたらぎビジネスキャンプ2018

雲海、史跡、球磨焼酎…。
多くの魅力に溢れる多良木町。人吉球磨盆地が育てた「自然」「人」「体験」を活用した、新しい町づくりの可能性を考えるイベント『たらぎビジネスデザインキャンプ』が始まります。「ビジネス」「暮らし」「町づくり」を考える多良木町内外の人たちが妙見野に集い、楽しいイベントを通して交流し、意見を聞いたり、アイデアを出し合う参加型のイベントです。どんな立場の人も参加は自由です。たくさんの人たちと意見を出し合って、新しいビジネス、暮らし、町のあり方を一緒にデザインしていきましょう。

参加費:無料

日程:11月2日(金)3日(土)4日(日)

会場:妙見野自然の森展望公園

主催:たらぎビジネスデザインキャンプ実行委員会
共催:多良木町

お問い合せ:多良木町しごと創生機構
(TEL)0966-42-7007

 

今年も熱く語りました!TBDC2018「たらぎビジネスデザインキャンプ2018」レポート